北海道のケーキ

甘い物が大好きな私は、もちろんケーキも大好き。でもデコレーションされている生クリームは苦手で、量を食べると胸が悪くなってしまうことも。作る工程で中に生クリームが入っているケーキは大丈夫なので、不思議なのですが・・。
私が一番好きなケーキはチーズケーキ。しかもスフレタイプではなく、ずっしりと重く凝縮されたベイクドチーズケーキに目がありません。
私が住んでいる北海道はチーズや牛乳が美味しいので、チーズケーキが美味しいお店が多々あります。
でもたまには自分で作ることも。自分でケーキを作るメリットは、安心安全な素材を使用できることと、甘さやカロリーを控えめにすることができること。
よく作るのは、生クリームを使用せずヨーグルトを入れたチーズケーキ。甘味を上白糖の代わりに甜菜糖や黒糖を使い、その量もできるだけ控えめに。
かなり甘さを抑え、でもたっぷりのチーズ感を味わえるように作っています。また普通のケーキ型ではなくロールケーキ用の天板に流して焼くのもポイント。
焼き上がったチーズケーキを長方形のスティック型に切って、1回分ずつ冷凍保存しています。
普通のケーキでは焼くと数日で食べきる必要がありますが、この方法では食べたい時に食べたい分だけ解凍することができ、1ケ月くらい保存ができるのでとても便利です。
お気に入りのお店は、札幌市のきのとやのチーズタルトです。
新千歳空港などでも購入でき、焼き立てが有名なチーズケーキ(タルト)ですが、私は冷めてしっとりしてからの方が好きです。
価格は6個入りで1,080円。単品でも購入できるので、ついつい買い過ぎてしまいます。
また帯広市にある十勝トテッポ工房の各種チーズケーキ。さすがに酪農が盛んな十勝だけあって、チーズケーキが本当に美味しいです。
タルトのタイプからケーキまでありますが、私が一番好きなのは「リュンヌドフロマージュ」。
1つ350円くらいだったと思います。さらに道東に住んでいる友達に会いに行った時に食べたチーズケーキにも感激!中標津町のフランダースというお店なのですが、そこのベイクドチーズケーキがまさに私好みでした。
下の部分がココア味のしっかりとしたサクサクタルト生地になっていて、ケーキの部分はどっしりとして濃厚なチーズの味です。1つ280円くらいだったと記憶しています。
中標津町もまた酪農の町。やはり素材が美味しいのかなと思います。時々通販で取り寄せるのは、北見市に本店があるティンカーベルのチーズベークです。
トロッとしていながら濃厚なフィーリングが大好き。16センチで1,640円です。これらのチーズケーキに合わせるのはいつも苦ーいコーヒーです。
コーヒーを飲みながら食べるチーズケーキで、至福の時を過ごしています。