北海道神宮頓宮

私は、一人暮らしを始めた22歳の頃から、初詣は必ず北海道神宮頓宮に向かいます。
北海道神宮頓宮は、その名前の通り、北海道で一番有名な神社「北海道神宮」と思われがちですが、北海道神宮の位置する円山から地下鉄で15分程離れた場所にある北海道神宮の境外末社です。
最寄りの地下鉄駅は「バスセンター前」。静かな住宅街の中にポツンとある小さな神社で、なんと私の家から歩いて5分以内。気持ち的にはお隣様。初詣だけでなく、ちょっとした願掛けやおみくじ引きなどにもよく訪れる場所なのです。
今年の初詣は、昨年結婚した旦那様と二人で、除夜の鐘の始まる少し前に行き、お互いやお互いの家族の健康、仕事運などのありきたりではありますが、そんなお願い事をしました。
深夜の初詣の後にはおせちは食べずに、初詣前に御馳走を食べるのが北海道民の習わしで、我が家ももれなく、大晦日の夜ごはんにおせちに代わる御馳走をいただきます。決まった御馳走はなく、旦那様の友人が営む水産店で仕入れた北海道産のウニを使った「ウニ鍋」と、ホタテのお刺身、牡蛎の酒蒸し、鯛のカルパッチョを贅沢にいただきました。
そしてそれに合わせるのはやっぱり「サッポロクラッシック」。我が家の斜め向かいの「セイコーマート」にて購入。バスセンター駅から徒歩2分の交差点の角にある、店長さんがとても気さくな北海道限定のコンビニです。
そうは言っても、北海道でもおせちを食べない訳ではありません。
お重に入った完璧なおせちではなく、各家庭、おせちの中で好きなものをピックアップして作って食べるというのがメジャーで、我が家は年が明けてから、大好物の「茶碗蒸し」「年越しそば」ならぬ「年越しラーメン」を食べます。
ちなみに年越しラーメンは、旦那様が大好きなラーメン屋「麺eiji」が年越し用として販売するお持ち帰りラーメンを毎年購入し、元旦の夜に食べるのが今や我が家の恒例です。

銀行員の夫の転勤による引っ越し慣れしています

 
大学時代からお付き合いをし、卒業後数年で結婚した主人は銀行員。
勤続年数20余年ほどになりますが、結婚してからはもうすぐ20年。その間3年から6年程度のサイクルで、主人の転勤による引っ越しを繰り返しています。
ただし引っ越しは北海道内(とはいってもかなり広いですが・・)のみです。

私も大学卒業後は銀行員として働いていたのですが、結婚後の転勤に伴い退職。それ以来は引っ越し先で年単位の臨時職員として働いています。
もともと私の父も転勤族で小さい頃から転校を繰り返していたこともあり、転勤による引っ越しにも抵抗がありません。
というより、引っ越し慣れさえしています。

私達夫婦には子どもがいないので、転勤で困ることが少ないというのもあるかと思います。ただ唯一困っているのは、持ち家が建てられないこと。
同僚の中にはお子さんのことも考えて、転勤があるのを承知で家を構え、ご主人が単身赴任をしている人もいますが、我が家は子どもがいない分フットワークが軽く、単身赴任は全く考えていません。
そのため家を建てても結局は数年で家を空けることになるので、退職後になるかなと思っています。また新しい土地で困るのは、ご近所さんとの関係を築くこと。公住に住むことが多いので、ご近所は主人の同僚の家庭の集まり。その土地土地で関わり方の深さが違ったり独特の風習があったりするので、慣れるまで時間がかかります。
とはいえ引っ越しは退職まで避けられないので、新しい土地に住む引っ越しさえも楽しもうとするポジティブさを大切にしています。

でも、最近、ダンナがこんなことを口にするようになりました。

銀行員 やめたい

北海道のケーキ

甘い物が大好きな私は、もちろんケーキも大好き。でもデコレーションされている生クリームは苦手で、量を食べると胸が悪くなってしまうことも。作る工程で中に生クリームが入っているケーキは大丈夫なので、不思議なのですが・・。
私が一番好きなケーキはチーズケーキ。しかもスフレタイプではなく、ずっしりと重く凝縮されたベイクドチーズケーキに目がありません。
私が住んでいる北海道はチーズや牛乳が美味しいので、チーズケーキが美味しいお店が多々あります。
でもたまには自分で作ることも。自分でケーキを作るメリットは、安心安全な素材を使用できることと、甘さやカロリーを控えめにすることができること。
よく作るのは、生クリームを使用せずヨーグルトを入れたチーズケーキ。甘味を上白糖の代わりに甜菜糖や黒糖を使い、その量もできるだけ控えめに。
かなり甘さを抑え、でもたっぷりのチーズ感を味わえるように作っています。また普通のケーキ型ではなくロールケーキ用の天板に流して焼くのもポイント。
焼き上がったチーズケーキを長方形のスティック型に切って、1回分ずつ冷凍保存しています。
普通のケーキでは焼くと数日で食べきる必要がありますが、この方法では食べたい時に食べたい分だけ解凍することができ、1ケ月くらい保存ができるのでとても便利です。
お気に入りのお店は、札幌市のきのとやのチーズタルトです。
新千歳空港などでも購入でき、焼き立てが有名なチーズケーキ(タルト)ですが、私は冷めてしっとりしてからの方が好きです。
価格は6個入りで1,080円。単品でも購入できるので、ついつい買い過ぎてしまいます。
また帯広市にある十勝トテッポ工房の各種チーズケーキ。さすがに酪農が盛んな十勝だけあって、チーズケーキが本当に美味しいです。
タルトのタイプからケーキまでありますが、私が一番好きなのは「リュンヌドフロマージュ」。
1つ350円くらいだったと思います。さらに道東に住んでいる友達に会いに行った時に食べたチーズケーキにも感激!中標津町のフランダースというお店なのですが、そこのベイクドチーズケーキがまさに私好みでした。
下の部分がココア味のしっかりとしたサクサクタルト生地になっていて、ケーキの部分はどっしりとして濃厚なチーズの味です。1つ280円くらいだったと記憶しています。
中標津町もまた酪農の町。やはり素材が美味しいのかなと思います。時々通販で取り寄せるのは、北見市に本店があるティンカーベルのチーズベークです。
トロッとしていながら濃厚なフィーリングが大好き。16センチで1,640円です。これらのチーズケーキに合わせるのはいつも苦ーいコーヒーです。
コーヒーを飲みながら食べるチーズケーキで、至福の時を過ごしています。

雨を見ながら

雨が降っている。

一応、台風は過ぎ去ったらしい。物憂げな季節である。

雨を見ながら、ふと思ったのであるが、今年も残すところあと少しである。仕事だけで終わった一年のような気がする。

今年はというか、今年もであろう、というか毎年かもしれない。書いていて自分で泣きたくなるような毎日の人生である。これで良いのであろうか、私の人生は。何か間違っていないだろうか。家畜のような生活ではないか。これでは。

少し飛躍したことをしようとするとアイツが必ず足を引っ張る。一度、家族と雖も縁を切るべきであろうか。